本研究は、「利害が異なる個人は、制度、市場、組織を通じていかにして効率的で衝平な社会状態を実現できるか」という基本テーマを考察するために、ゲーム理論の先端的な研究分野を、経済システムにおける多様な視点から総合的に解明することを目指しています。

研究内容紹介へ

>> トップページ

研究プロジェクトの研究成果に基づく一般講演、集中講義、研究セミナーをします(旅費は当方負担)。
ご希望の方は、岡田章までメイルでご連絡下さい。
>>aokada"at"econ.hit-u.ac"dot"jp

過去の一般講演の例
「ゲーム理論入門:経済学のフロンティア」
「大学で経済学を学ぶ:ゲーム理論入門」
「ゲーム理論で現代社会を紐解く」
「ゲーム理論とマンション共同管理問題」
集中講義の例(90分講義2回から5回)
「ゲーム理論」(理系および文系の学部高学年から大学院)
Cooperation in Game Equilibrium Models (大学院)

新着情報

                                         
2012/7/30-8/4 岡田章はマックスプランク研究所(イエナ)の夏季スクールで題目“Cooperation in Game Equilibrium Models"を講義
2012/7/16-20 岡田章はフランクフルト経営大学院で題目“Cooperation in Game Equilibrium Models"を講義
2012/4/1 岡田章は「書斎の窓」(有斐閣発行)に「総合科学をめざすゲーム理論」を掲載
2012/3/28 岡田章著「ゲーム理論・入門」(有斐閣アルマ)が東大出版会の「学問の入り口」フェア2012:ガクモンの宇宙で紹介されました。
2012/2/8 岡田章は学術誌Journal of Economic Theoryのonline版に論文“Non-cooperative bargaining and the incomplete informational core”を公刊
2012/2/1 ゲーム理論ワークショップ2012 (3月6日、7日、静岡大学浜松キャンパス)のプログラムを発表
2011/9/12 岡田章はマーストリヒト大学のセミナーで"Dynamic Group Formation in Repeated Prisoner's Dilemma"を講演
2011/9/9 岡田章はケルン大学で開催された日独交流150周年のシンポジウム"The Evolution of Trust"で題目"Cooperation and Institution Formation"を講演
2011/6/11 岡田章は学術誌Games and Economic Behavior, Online First に論文"Dynamic Group Formation in the Repeated Prisoner's Dilemma" (with Toshimasa Maruta) を発表
2011/6/1 岡田章は企業会計6月号のスコープアイに 「協力創造社会とゲーム理論」を寄稿
2011/4/14 岡田章はウイーン大学とウイーン高等研究所共催の理論セミナーで"Dynamic Group Formation in Repeated Prisoner's Dilemma"を講演

ページ先頭へ戻る ]

Copyright ©2009. Hitotsubashi University. All Rights Reserved.