現代経済システム研究センター概要  

  

現代経済システム研究センター(Center for Research on Contemporary Economic Systems (CCES))は、「現代経済リサーチ・ネットワーク・プログラム(2000年度〜2007年度)、および21世紀COEプログラム「現代経済システムの規範的評価と社会的選択」(2003年度〜2007年度)における研究活動と研究成果を継承し、さらに発展させるために、2008年2月に設立されました。そして、経済学研究科と経済研究所における2つの21世紀COEプログラムを継承したグローバルCOEプログラム「社会科学の高度統計・実証分析拠点構築」(2008年度〜2012年度)においても、その研究教育拠点の一翼を担いました。2013年度からは、築き上げてきた研究教育拠点の継承・発展の任務を負っています。    

 本センターは以下の事項を目的としています。
1.経済システム研究に関わる経済学の諸分野を高い水準でカバーし、多様なアプローチによって現代経済システムを複眼的・相補的に研究する。
2.21世紀COEプログラム、およびグローバルCOEプログラムにおいて形成された国際的な研究ネットワークをさらに強化し、国際的な共同研究プロジェクトを推進する。
3.21世紀COEプログラム、およびグローバルCOEプログラムといったような一橋大学経済学研究科が担う研究教育プログラムを長期的に連結する「環」として、研究活動と研究成果の不断の継承を果たす。  

 本センターの活動は、以下の事業を中心としています。
1.各学問分野における国内外の研究者を招聘してコンファレンスやセミナーを開催する。
2.各学問分野のフロンティアで活躍する国内外の研究者を招聘して講義シリーズを開催する。
3.センターメンバー等を海外に派遣し、国際的な共同研究プロジェクトを推進する。
4.ディスカッション・ペーパー・シリーズ(CCES Discussion Paper Series)を刊行する。
   
   

 
 


センター長挨拶

現代経済システム研究センター長
(経済学研究科長)
岡室博之

センター概要

現代経済システム研究センターの目的、事業内容

お問い合わせ

一橋大学経済学研究科 CCES事務室
TEL : 042-580-9076
E-Mail :