石川城太ホームページ 一橋大学経済学研究科 国際経済学
ホームページへ Go to English Homepage 一橋大学図書館のページへ

目次

研究

ゼミナール

担当講義

リンク

その他

Back to home

国際経済学II 〔EG-C511〕
(2007年度冬学期 月曜日2時限 2単位)

講義の概要

シラバス


リーディングリスト

授業の後半(石川担当)では、outsourcingに関する最近の論文をいくつか取り上げて丁寧に輪読する。現時点で考えている論文には、たとえば以下のようなものがある。

PDF版はこちら

Back to home▲top

過去の国際経済学II


【授業科目名】 国際経済学 (2005年度)
(火曜日、2時限、冬学期)2単位

【講義の概要】
国際貿易論(特に貿易理論)の分野における最近の文献を丁寧に輪読する。

【成績評価の方法】
授業でのプレゼンテーションとタームペーパーで評価する。

【受講のための条件】
上級ミクロ経済学と国際経済学Iを履修済みであることが望ましい。少なくとも、学部レベルの国際貿易論、産業組織論、ゲーム理論の基礎知識が前提とされる。

【テキスト・参考文献等】
9月中にリーディングリストを作成してホームページに載せる。

【スケジュール・トピックス等】
火曜日13:30〜14:30(ただし、e-mailないし電話での事前のアポイントメントが必要)



【授業科目名】 国際経済学 (2004年度)
(火曜日、2時限、冬学期)2単位

【内容】
国際経済学Iに引き続き、国際貿易理論(上級レベル)を講義する。

【成績評価の方法】
試験と宿題による。。

【受講のための条件】
ミクロ経済学・国際貿易論・ゲーム理論の基礎知識を前提とする。上級ミクロ経済学と国際経済学Iをすでに履修していることが望まれる。

【テキスト・参考文献等】
リーディング・リストを最初の講義で配布する。古沢が担当するトピックは、ゲーム理論的分析を主とするため、以下の本が講義を理解するのに役に立つと思われる。
【スケジュール・トピックス等】
次のようなトピックをカバーする予定である。1つのトピックにつき2?3回の講義を行う予定だが、場合によっては受講生にトピックに関する報告をしてもらうこともある。



【授業科目名】 国際経済学 (2001年度)
(火曜日、2時限、冬学期)2単位

【内容】
国際貿易論(特に貿易理論)の分野における最近の文献を丁寧に輪読する。どのような文献を読むかについては、授業開始までにリーディングリストを作成して経済政策共同研究室に置いておくので、履修プランの参考にして欲しい。

【成績評価の方法】
授業でのプレゼンテーションとタームペーパーで評価する。

【その他】
上級ミクロ経済学を履修済みであることが望ましい。少なくとも学部レベルの国際貿易
論、産業組織論、ゲーム論の基礎知識が必要とされる。出席を重視する。



【授業科目名】 国際経済学(2000年度)
(火曜日、2時限、夏学期)2単位

【内容】
今年度は、Fujita, Krugman, & Venables, 1999, The Spatial Economy, MIT Pressの国際貿易に関連のある章を中心に輪読する。

【成績評価の方法】
授業でのプレゼンテーションとタームペーパーで評価する。

【その他】
上級ミクロ経済学を履修済みであることが望ましい。少なくとも学部レベルの国際貿易論、産業組織論、ゲーム論の基礎知識が必要とされる。出席を重視する。

【リーディング・リスト】
Ch. 4: The Dixit-Stigliz Model of Monopolistic Competition and Its Spatial
Implications
Ch. 5: Core and Periphery
Ch. 7: Agricultural Transport Costs
Ch.14: International Specialization
Ch.15: Economic Development and the Spread of Industry
Ch.16: Industrial Clustering
Ch.18: External Trade and Internal Geography



【授業科目名】 国際経済学(1999年度)
(火曜日、2時限、夏学期)2単位

【内容】
国際貿易論(特に貿易理論)の分野における最近の論文を6本程度輪読する。1本の論文を2回に渡ってじっくり読むつもりである。

【成績評価の方法】
授業でのプレゼンテーションとタームペーパーで評価する。

【その他】
上級ミクロ経済学を履修済みであることが望ましい。少なくとも学部レベルの国際貿易論、産業組織論、ゲーム論の基礎知識が必要とされる。出席を重視する。

【リーディング・リスト】(暫定)
Brainard, S. L. & D. Martimort, 1997, Strategic Trade Policy with Incompletely Informed Policymakers, JIE 42, 33-65.

Maggi, G., 1993, The Role of Multilateral Institutions in International Trade
Cooperation, forthcoming in AER.

Grossman, G. M. & G. Maggi, 1998, Diversity and Trade, NBER Working Paper #6741.

Krishna, K. & J. Ju, 1998, Firm Behavior and Market Access in a Free Trade Area with Rules of Origin, NBER Working Paper #6857.

Markusen, J. R. & A. J. Venables, 1999, Foreign Direct Investment as a Catalyst for Industrial Development, EER 43, 335-356.

Markusen, J. R., 1998, Contracts, Intellectual Property Rights, and Multinational Investment in Developing Countries, NBER Working Paper #6448.

Baldwin, R. E. & G. I. P. Ottaviano, 1998, Multiproduct Multinationals and Reciprocal FDI Dumping, NBER Working Paper #6483.



【授業科目名】 国際経済学(1998年度)
(火曜日、2時限、冬学期)2単位

【内容】
国際貿易論(特に貿易理論)の分野における最近の論文を輪読する。リーディング・リストを最初の授業で配布するが、たとえば「貿易と環境」、「保護
主義とポリティカル・エコノミー」、「経済統合」などに関するものを取り
あげたい。

【成績評価の方法】
授業でのプレゼンテーションとタームペーパーで評価する。

【その他】
少なくとも学部レベルの国際貿易論の基礎知識が必要とされる。出席を重視
する。

【リーディング・リスト】

I, Political Economy of Protection

Rodrik, D., 1995, Political economy of trade policy, Handbook of International Economics Vol. 3, Ch. 28.

Dixit, A. and J. Londregan, 1996, The determinants of the success of special interests in redistributive politics, J. of Politics 58, 1132-55.

Grossman, G. M. and E. Helpman, 1994, Protection for sale, AER 84, 833-851.

Grossman, G. M. and E. Helpman, 1995, The politics of free-trade areas, AER 85, 667-691.

Grossman, G. M. and E. Helpman, 1995, Trade wars and trade talks, JPE 103, 675-708.

Grossman, G. M. and E. Helpman, 1996, Electoral competition and special interest politics, RES 63, 265-286.

Maggi, G. and A. Rodriguez-Clare, 1998, The value of trade agreements in the presence of political pressures, JPE 106, 574-601.

II, Trade and Environment

Chichilnisky, G., 1994, North-south trade and the global environment, AER 84, 851-874.

Copeland, B. R., 1994, International trade and environment: Policy reform in a polluted small open economy, J. Environmental Economics and Management 26, 44-65.

Copeland, B. R. & M. S. Taylor, 1994, North-south trade and environment, QJE 109, 755-784.

Copeland, B. R. & M. S. Taylor, 1995, Trade and transboundary pollution, AER.

Markusen, J. R., 1975, International externalities and optimal tax structures, JIE 5, 15-29.

Markusen, J. R., 1975, Cooperative control of international pollution and common property resources, QJE 89, 618-632.

III, Economic Integration

Baldwin, R. E. and A. Venables, 1995, Regional economic integration, Handbook of International Economics Vol. 3, Ch. 31.

Krugman, P. R., 1991, Is bilateralism bad?, in E. Helpman and A. Razin eds., International Trade and Trade Policy (MIT Press, Cambridge).

Ethier, W. J., 1998, Regionalism in a multilateral world, forthcoming in JPE.

Bagwell, K. and R. W. Staiger, 1997, Multilateral tariff cooperation during the formation of free trade areas, IER 38, 291-319.

Bagwell, K. and R. W. Staiger, 1997, Multilateral tariff cooperation during the formation of customs unions, JIE 42, 91-123.

Bagwell, K. and R. W. Staiger, 1998, Will preferential agreements undermine the multilateral trading system?, EJ 108, 1162-1182.

Goto, J. and K. Hamada, 1998, Economic integration and the welfare of those who are left behind: An incentive-theoretic approach, JJIE 12, 25-48.

Maggi, G., 1993, The role of multilateral institutions in international trade cooperation, forthcoming in AER.

Back to home▲top