東京経済研究センター・一橋大学GCOE・東京労働経済学ワークショップ共催コンファレンス

人的資本の早期形成と経済格差の世代間継承

所得格差の拡大に注目が集まるにつれて、所得の根源的な決定要因である人的資本がいかに形成されるのかに注目が集まるようになっている。特に近年の研究は幼少期・青年期に形成される人的資本がのちの人的資本形成に決定的な影響を及ぼすことを明らかにしつつある。よって、幼少期・青年期に形成される人的資本の指標である学力がいかに形成されるのかを解明することは、格差の是正を目指す公共政策を議論するうえでも欠かせない。また幼少期・青年期の人的資本形成は家庭環境や社会環境によって大きく左右されることもよく知られている。日本でも近年のマイクロデータの整備や公開に伴って徐々に人的資本の早期形成に関する知見が蓄積しつつあり、労働経済学者もこの分野で一定の貢献を行いつつある。このコンファレンスでは、これらの知見を俯瞰し共通の知見をまとめたうえで今後の研究課題を探る。

日時: 2011年6月18日 土曜日 10:00-17:35

場所: 一橋大学 国立東キャンパス 第三研究棟 研究会議室

プログラム

10:00-10:05 開会のあいさつ 川口大司 (一橋大学)

午前セッション 座長 大森義明 (横浜国立大学)

10:05-10:50 北條雅一 (新潟大学) "Education production function and class size effects in Japanese public schools"

10:50-11:35 赤林英夫 (慶應義塾大学) 「学級規模縮小の教育効果:2つの自治体の学力テストデータに基づく分析結果」(佐野晋平、直井道生、中村亮介との共著)

11:35-12:30 昼食 会場にてお弁当

午後セッション1 座長 永瀬伸子 (お茶の水女子大学)

12:30-13:00 小野塚祐紀 (一橋大学) "Credit Constraints or Parental Background? Determinants of College Enrollment in Japan"

13:00-13:30 菊地信義 (東京大学) "Estimating The Returns to Higher Education in Japan"

13:30-14:15 篠崎武久 (早稲田大学)「学力の生産関数の推定」(妹尾渉・野崎祐子との共著)

14:15-14:45 コーヒーブレーク

午後セッション2 座長 黒澤昌子 (政策研究大学院大学)

14:45-15:30 小塩隆士 (一橋大学) "What factors determine student performance in East Asia? New evidence from TIMSS 2007" (北條雅一との共著)

15:30-16:15 吉田あつし (筑波大学) "The gender gap in higher education in Thailand: Why are girls more likely to advance to upper schools than boys?"(牛島光一との共著)



16:15-16:45 コーヒーブレーク

16:45-17:30 川口大司 (一橋大学) "School-day Reduction, Parental Background, and Students' Time Use"

17:30-17:35 閉会のあいさつ 黒澤昌子 (政策研究大学院大学)

18:00-20:00 懇親会 スコールカフェ 東京都国立市中1-9-19 カクトラビル 1F 042-573-7183