2019年冬期OECDインターンシップ参加者募集について


経済学研究科大学院生 各位
経済学研究科長
岡室博之

 一橋大学大学院経済学研究科は THE ORGANISATION FOR ECONOMIC CO-OPERATION AND DEVELOPMENT(経済協力開発機構、以下OECD)とインターンシップに関する協定を結んでいます。この協定に基づき2019年冬期のOECDインターンシップ参加者を募集します。

応募資格: 一橋大学大学院経済学研究科の博士後期課程に在籍する学生
期間: 2019年1月または2月に開始、2ヶ月以上6ヶ月間以内
場所: OECD Headquarter in Paris
語学能力: 英語(TOEFL iBT 90/TOEFL ITP 577/IELTS 6.5/英検準1級以上)またはフランス語(DELF B2/TCFレベル4/TEFレベル4/仏検準1級以上)の能力があることが望ましい。
経費: 経済学研究科より旅費・滞在費の一部を補助する。OECDからの給付は月額702ユーロ。
なお、詳しい応募要件はInternship Programme Information Sheet および下記のOECDウェブサイトをご覧ください。
http://www.oecd.org/careers/internshipprogramme.htm

 応募を希望する方は、OECDインターンシップ申請書 [Word]をメール添付にて経済学研究科事務室(econ-km.g@dmemail)に提出してください。ただし、 2016年10月以降に語学能力試験を受けていない学生、あるいは上記のスコアに達していない学生が応募する場合には、指導教員の推薦状が必要です。指導教員に推薦状(書式は自由、日本語・英語どちらも可)をメール添付にて、経済学研究科事務室に送付するように依頼してください。応募の期日は以下の通りです。

学内締切: 2018年10月1日(月)午後5時 (締切日時が変更となりました。ご注意下さい。)

 応募者について学内選考を行い、その結果を10月5日(金)に個別にメールにて通知します。選ばれた方には10月14日(日)までにOECDにオンラインで申請していただきます。その後はOECD当局によって書類審査等の選考が行われる予定です。

 

問い合わせ先:
経済学研究科大学院教育専門委員
森口千晶 (Chiaki Moriguchi)
E-mail: chiaki@ieremail