Makoto Saito Faculty of Economics Hitotsubashi University 本文へジャンプ
"Economics is the science which studies human behavior as a relationship between ends and scarce means which have alternative uses.'' (by Lord Robbins in 1932)

【研究と社会のはざまにあって】
=========

2017年7月12日の研究科Faculty Developmentで「日本において英語でマクロ経済学を教えるとは?」というタイトルの報告をしました。日本の経済社会を反映したマクロ経済学の本格的な英語テキストが存在しないことから,英語テキストに依存しながら講義をする場合の工夫を考えています。

18歳からの公共政策セミナー(2017年4月19日)で行った「私たちは,危機で生じた途方もない借金をどのように返済してきたのか?そして,どのように返済していくのか?」という報告の講演録をアップします。

『NLASマクロ経済学 新版』(有斐閣,2016年4月)に用いているデータベースは,ココから閲覧やダウンロードができます。
 2017年8月まで,あるいは,第2四半期までアップデートが終わりました。(2017年10月2日)。
 2016年度までの追加作業が終わりました。(2017年8月7日)。
 SocioMeasureとデータベースの両方について, 国民経済計算の2008SNAへの移行,国民経済計算2015年度確報に関わる図表の改訂,消費者物価と企業物価について2015年への基準年改訂の作業を終えました。(2017年3月1日)。
  SocioMeasure(Bakfoo)を通じて月次・四半期データの最新分を閲覧することができるようになりました(2015年5月15日)。


『NLASマクロ経済学 新版』の修正を添付します。お詫び申し上げます。

=========
『震災復興の政治経済学:津波被災と原発危機の分離と交錯』(日本評論社)が公刊されました。(2015年10月13日)
  正誤表が日本評論社のウェブにアップされました。本当に申し訳ございません。(2015年12月16日)

  『父が息子に語るマクロ経済学』訂正表(勁草書房のウェッブ)をアップしています。誤りがあったことをお詫び申し上げます。ごめんなさい。また、ご指摘いただいた方には、感謝申し上げます。ありがとうございます。(2015年6月14日)

=========
2016年執筆のエッセイ類の続きは、
  2015年のエッセイ類についてはこちらへ。
  2014年のエッセイ類についてはこちらへ。
  2013年のエッセイ類についてはこちらへ。
  2012年のエッセイ類についてはこちらへ。
 2010年、2011年のエッセイ類についてはこちらへ。
 2009年までのエッセイ類についてはこちらへ。             

Recent Working Papers
On large-scale money finance in the presence of black markets: the case of the Japanese economy during and after World War II (pdf, January 2017)