Publication
 
  • 「1990年代の設備投資の停滞について:上場企業の財務データからの考察」,堀敬一、齊藤誠,安藤浩一,林文夫編著『経済制度の実証分析と設計』全3巻,第2巻『金融の機能不全』,3-34,2007年1月,勁草書房.

  • 「ABS発行市場における劣後引受の役割」,井坂直人,大橋和彦,齊藤誠,林文夫編著『経済制度の実証分析と設計』全3巻,第2巻『金融の機能不全』,187-222,2007年1月,勁草書房.

  • 「企業内キャッシュフローと企業価値:日本の株式消却に関する実証研究を通じての考察」,広瀬純夫・柳川範之・齊藤誠,『経済研究』第56巻第1号(2005),30-41。

  • 「大規模マクロショック後の流動性回復メカニズム:米国同時多発テロ直後の東京証券取引所」井坂直人・齊藤誠,『現代ファイナンス』14(2003),79-96。

  • 「予備的動機と待ちオプション:わが国のマクロ家計貯蓄データによる検証」齊藤誠・白塚重典,『金融研究』第22巻第3号 (2003), 1-22。

  • 「市場メカニズムを通じた防災対策について」山鹿久木・中川雅之・齊藤誠,『住宅土地経済』第49号(2003),24-32。

  • 「日本の金融政策」齊藤誠,高山憲之編『日本の経済背制度・経済政策』2003年4月,東洋経済新報社。

  • 「地震危険度と家賃:耐震対策のための政策的インプリケーション」山鹿久木・中川雅之・齊藤誠,『日本経済研究』第46号(2002),1-21。

  • 「地震危険度と地価形成:東京都の事例」山鹿久木・中川雅之・齊藤誠,『応用地域学研究』第7号 (2002),51-62。

  • 「自然災害リスクと地価形成:リスク・シグナルとしての地価」齊藤誠,
    西村清彦編著『不動産市場の経済分析:情報・税制・都市計画と地価』2002年6月,日本経済新聞社。

  • 「流動性需要と資産価格形成:わが国の定期的決済慣行における検証」齊藤誠・白塚重典・柳川範之・渡辺努,齊藤誠・柳川範之編著『流動性の経済学:金融市場への新たな視点』2002年6月,東洋経済新報社。

  • 「国債の価格形成とコンビーニエンス:1990年代後半の日本国債のケース」福田祐一・齊藤誠・高木真吾,齊藤誠・柳川範之編著『流動性の経済学:金融市場への新たな視点』2002年6月,東洋経済新報社。

  • 「リスク移転機能から見た日本の金融システム」齊藤誠,齊藤誠編著『日本の金融再生戦略:新たなシステムの構築をどうするか』2002年5月,中央経済社。

  • 「日本の金融政策」,斉藤 誠,『経済研究』52 (2001), 97-106。

  • 「日経平均株価の銘柄入れ替えが個別銘柄の流動性に与えた影響について: 覚え書き」,斉藤 誠・大西雅彦,『現代ファイナンス』9 (2001), 67-82。

  • 「世帯構成員の長期療養に起因する経済厚生の損失について:要介護者と寝たきりの経済的コスト」, 岩本康志・小原美紀・齊藤誠, 『季刊社会保障研究』36 (2001), 547-560。

  • 「自然災害リスク・マネジメントにおける市場システムと公的システム」, 齊藤誠, 『エコノミックス』2000年秋号, 148-160。

  • 「フォワードディスカウントパズルと流動性効果」,斉藤 誠・福田祐一, 小佐野広・本多佑三編『現代の金融と政策』2000年1月,日本評論社。

  • 「金利期間構造の将来インフレーションに関する情報含意について」, 福田祐一・斉藤 誠,小佐野広・本多佑三編『現代の金融と政策』 2000年1月,日本評論社。

  • 「オプション取引データに基づいた状態価格密度の推計について:大阪証券取引所の事例」, 齊藤誠・高木真吾,『インベストメント』2000年 第53巻 第2号, 21-37。

  • 「昨今の金融政策について」,齊藤誠,『エコノミックス』2000年春号, 124-140。

  • 「デリバティブ取引と金融政策」,齊藤誠,週刊東洋経済臨時増刊『エコノミックス』2000年秋号, 140-149。

  • 「地震災害保険と損失緩和処置」, 『Re』No.120,1999年 7月号。

  • 「高度化した資本市場におけるリスクと流動性」,齊藤誠,『フィナンシャル・レビュー』51 (1999), 5-27。

  • 「人口高齢化と消費の不平等度」,大竹文雄・斉藤 誠, 八田達夫・八代尚宏編『社会保険改革:年金,介護,医療,雇用保険の再設計』 1998年5月,日本経済新聞社。

  • 「所得不平等化の背景とその政策的含意:年齢階層内効果, 年齢階層間効果,人口高齢化効果」,大竹文雄・斉藤誠, 『季刊社会保障研究』(1999), 65-76。

  • 「地方自治体の長期財政収支についてのメモ:実際的な計測」, 斉藤誠,『大阪大学経済学』3 (1999), 233-240。

  • 「消費の世代間分配に関する実証研究」, 斉藤 誠,『日本経済研究』36-7 (1998), 27-49。

  • 「フォワード・プレミアム・パズル:展望」, 福田祐一・斉藤 誠,『現代ファイナンス』1 (1997), 5-18,巻頭論文。

  • 「人口高齢化と消費の不平等度」, 大竹文雄・斉藤誠,『日本経済研究』33-11 (1996), 11-35。

 

  Working Papers

 

See the top page of Japanese version of my web site.

 

  Books

 

  • 『資産価格とマクロ経済』齊藤誠,362頁,2007年6月,日本経済新聞出版社。

  • 『成長信仰の桎梏:消費重視のマクロ経済学』齊藤誠,228頁,2006年12月,勁草書房。

  • 『新しいマクロ経済学 新版』齊藤誠,411頁,2006年10月,初版,273頁, 1996年10月,有斐閣。

  • 『流動性の経済学:金融市場への新たな視点』齊藤誠・柳川範之編著,2002年6月,東洋経済新報社。
  • 『先を見よ,今を生きよ:市場と政策の経済学』,齊藤誠,2002年6月,日本評論社。

  • 『日本の金融再生戦略:新たなシステムの構築をどうするか』,齊藤誠編著,2002年5月,中央経済社。

  • 『金融機能と規制の経済学』,岩本康志・齊藤誠・前多康男・渡辺務,2001年10月,東洋経済新報社。

  • 『経済政策とマクロ経済学』,岩本康志・大竹文雄・齊藤誠・二神孝一著, 1999年10月,日本経済新聞社。

  • 『金融技術の考え方・使い方:リスクと流動性の経済学』,2000年7月,有斐閣(第44回日経・経済図書文化賞受賞)。

  • 『新しいマクロ経済学』,1996年10月,有斐閣。

 

  Book Review

 

  • 片山修著『日本にしかできない技術がある』(PHP文庫)への解説,2004年9月1日.

  • 永谷敬三著『経済学で読み解く教育問題』(東洋経済新報社)『週刊エコノミスト』2003年12月16日号.

  • 橘木俊詔編『戦後日本経済を検証する』(東京大学出版会),『學鐙』100巻6号(2003年6月)。

  • 三木谷良一・アダム・S・ポーゼン編『日本の金融危機:米国の経験と日本への教訓』清水啓典監訳(東洋経済新報社),『金融経済研究』19号(2003年3月)。

  • 蓑谷千凰彦著『金融データの統計分析』(東洋経済新報社),『三田学会雑誌』95巻1号(2002年4月)。

  • 岩村充著『サイバーエコノミー』(東洋経済新報社),『エコノミック2002年春号。

  • 加藤出著『日銀は死んだのか?』(日本経済新聞社),『週間金融財政事情』2002年1月21日号。

  • 今村啓爾著『富本銭と謎の銀銭:貨幣誕生の真相』(小学館),『エコノミックス』2001年秋号。

  • 岡田章他著『現代経済学の潮流2000』(東洋経済新報社),『エコノミックス』2001年春号。

  • 三上芳宏・四塚利樹著『ヘッジファンド・テクノロジー:金融技術と投資戦略のフロンティア』(東洋経済新報社)『証券アナリストジャーナル』2000年5月号。

  • 「四六判で読む平成長期不況」『エコノミックス』2000年春号。

  • 永谷敬三著『日本経済学』(中央経済社),『経済セミナー』2000年3月号。

  • ダイアナ・ヘンリーケス著,井出正助・鶴田千賀子訳『フィデリティー:史上最強の投信王国』(日本経済新聞社),『論争 東洋経済』1999年5月号。

  • 浅子和美・大瀧雅之編『現代マクロ経済動学』(東京大学出版会),東京大学経済学部『経済学論集』1998年4月号。

  • 清水啓典著『日本の金融と市場メカニズム』(東洋経済新報社刊),『経済セミナー』1998年2月号。