家族と社会の経済分析

家族と社会の経済分析         
〜日本社会の変容と政府の役割〜

DSCF0568.JPG

2009年度冬学期月曜3限開講の講義のホームページです。

講師:山重慎二
オフィス・アワー(水曜日 11時00分~12時30分@第2研究館223室)
地図→campus_office.jpg

概要

本講義では、まず、ミクロ経済学とゲーム理論の基礎を勉強した上で、家族と社会の経済学的分析を紹介し、議論することで、家族や社会の機能・構造を経済学的に見る目を養うとともに、日本社会の構造変化に対応した公共政策のあり方について考えていく。

スケジュール(予定)

  1. オリエンテーション 10/5
  2. 不確実性下の意思決定理論 10/19
  3. ゲーム理論の基礎 10/26
  4. 家族形成に関する分析I (結婚、出産) 11/9
  5. 家族形成に関する分析II (離婚、育児) 11/16
  6. 家族内資源移転に関する分析I(教育、介護)11/30
  7. 家族内資源移転に関する分析II(相続、遺産)12/7
  8. 伝統的共同体の機能と構造I (共有地の悲劇と悲劇の回避策)12/14
  9. 伝統的共同体の機能と構造II(進化ゲームに基づく共同体社会の分析)12/21
  10. 新たな共同体の機能と構造 I (自発的公共財供給、非営利組織)12/24(木)
  11. 新たな共同体の機能と構造 II(ソーシャル・キャピタル)1/18
  12. 社会構造の変容と政府の役割 I(社会保障と少子化、社会保障と地域社会)1/25
  13. 社会構造の変容と政府の役割 II(市場、共同体、政府の相互依存関係)2/1

教科書・参考文献

テキスト:講義ノートを準備する。
参考文献:シグノー『家族の経済学』田中敬文・駒村康平(訳)、1997年、多賀出版。
     橘木俊詔・木村匡『家族の経済学:お金と絆のせめぎあい』2008年、NTT出版。

 お知らせ

2009.10.06
講義室は本館36番教室で行われます。
2009.10.26
11月9日の講義の最初の10分程度でReview Questions 1を基にした小テストを行います。
2009.12.07
12月14日の講義の最初の10分程度Review Questions 3を基にした小テストを行います。
2009.12.21
1月18日の講義の最初の10分程度Review Questions 4を基にした小テストを行います。
2010,01.18
2月1日の講義の最初の10分程度Review Questions 5を基にした小テストを行います。