家族と社会の経済分析資料

家族と社会の経済分析         
〜日本社会の変容と政府の役割〜

DSCF0568.JPG

講義で用いた文献や、講義を理解する上で参考になる文献を紹介します。

(1)不確実性下の意思決定理論およびゲーム理論

  • 佐々木宏夫(2003)『入門ゲーム理論:戦略的思考の科学』 日本評論社。
  • 岡田章 (2008)『ゲーム理論・入門:人間社会の理解のために』有斐閣。
  • アビナッシュ・ディキシット&バリー・ネイルバフ(菅野隆、 嶋津祐一訳)『戦略的思考とは何か―エール大学式「ゲーム理論」の発想法』 TBSブリタニカ、1991年。

(2)家族形成に関する分析

  • Cigno, A. (1991) Economics of the Family. Oxford University Press. (田中敬文・駒村康平(訳)『家族の経済学』1997年、多賀出版)
  • 橘木俊詔、木村匡子(2008)『家族の経済学 お金と絆のせめぎあい』NTT出版。
  • Rainer, H. (2007) "Should We Write Prenuptial Contracts?,'' European Economic Review 51(2), 337-363.

(3)家族内資源移転に関する分析

  • Becker, G. (1974) “A Theory of Social Interactions,” Journal of Political Economy 82-6, 1063-93.
  • チャールズ・ユウジ・ホリオカ, 山下耕治, 西川雅史, 岩本志保(2002)「日本人の遺産動機の重要度・性質・影響について」『郵政研究所月報』 4, 4-31ページ LinkIconリンク
  • Bernheim, D., A. Shleifer, L. H. Summers (1986) “The Strategic Bequest Motives,” Journal of Labor Economics, 4-3, S151-182.
  • Hirshleifer, J. (1977) "Shakespeare vs. Becker on Altruism: The Importance of Having the Last Word,'' Journal of Economic Literature15-2, 500-502.
  • Bruce, N. and M. Waldman (1990) "The Rotten Kid Theorem Meets the Samari-tan's Dilemma,'' Quarterly Journal of Economics105(1), 155-165.
  • Cigno, A. (1991) Economics of the Family. Oxford University Press. (田中敬文・駒村康平(訳)『家族の経済学』1997年、多賀出版)
  • Cigno, A. (1993) "ntergenerational transfers without altruism,'' European Journal of Political Economy9, 505-518
  • Balestrino, A. (1997) "Education policy in a non-altruistic model of intergenerational transfers with endogenous fertility,'' European Journal of Political Economy13, 157-169.
  • チャールズ・ユウジ・ホリオカ、財団法人家計経済研究所[編]『世帯内分配と世代間移転の経済分析』2008年、ミネルヴァ書房

(4)伝統的な共同体の機能と構造に関する分析

  • Hardin, G. (1968) “The Tragedy of the Commons,” Science, 162. 1243-48. LinkIconリンク
  • 服部健吾 「入会制度の経済分析 -制度変化のメカニズム-」 LinkIconリンク
  • Abreu, D. (1988) “On the Theory of Infinitely Repeated Games with Discounting,” Econometrica, 56, 383-396
  • Axelrod, R. (1984) The Evolution of Cooperation. Basic Books.(松田裕之(訳)『つきあい方の科学』CBS出版、1987年)
  • 渡辺洋三・北條浩編著『林野入会と村落構造』1975年、東大出版会
  • Sethi, R. and E. Somanathan,. (1996) “The Evolution of Social Norms in Common Property Resource Use,” American Economic Review 88(4).766-788.
  • 山岸俊男『社会的ジレンマ:「環境破壊」から「いじめ」まで』2000年、PHP新書117
  • 大浦宏邦『社会科学者のための進化ゲーム理論:基礎から応用まで』勁草書房、2007年。

(5)新たな共同体の機能と構造に関する分析

  • Bergstrom, T., L. Blume, and H. R. Varian (1986) “On the Private Provision of Public Goods,” Journal of Public Economics 29, 25-49.
  • Warr, P.G. (1982) "Pareto Optimal Redistribution and Private Charity," Journal of Public Economics 19, 131―138.
  • Warr, P.G. (1983) "The Private Provision of Public Goods is Independent of the Distribution of Income,'' Economics Letters 13, 207―211.
  • Bliss, C. and B. Nalebuff (1984) "Dragon-Slaying and Ballroom Dancing: The Private Supply of a Public Good,'' Journal of Public Economics 25, 1-12.
  • Glaeser, L. and A. Shleifer (2001) “Not-for-Profit Entrepreneurs,” Journal of Public Economics 81, 99-115.
  • OECD (2001) The Well-Being of Nations- The Role of Human and Social Capital.
  • Putnam, R. (1992) Making Democracy Work: Civic Tradition in Modern Italy. Princeton University Press.
  • Glaeser, E. L., D. Laibson, B. Sacerdote (2002) “The Economic Approach to Social Capital,” Economic Journal, 112, F437-458
  • Knack, S. and P. Keefer (1997) "Does Social Capital Have an Economic Payoff? Cross-Country Investigations," Quarterly Journal of Economics, 112-4, 1251-1288.
  • Sobel, J. (2002) "Can We Trust Social Capital?'' Journal of Economic Literature, 110, 139-154.
  • 宮川公男・大守 隆 [編](2004)『ソーシャル・キャピタル―現代経済社会のガバナンスの基礎』東洋経済新報社
  • 稲葉 陽二(2007)『ソーシャル・キャピタル―「信頼の絆」で解く現代経済・社会の諸課題』生産性出版
  • 稲葉 陽二 [編著](2008)『ソーシャル・キャピタルの潜在力』 日本評論社

以下は、私が現在執筆中の本の原稿です。講義での理解を深める上で役に立つかもしれないと思いますので、順次掲載します。必要に応じて利用して下さい(不備な点など色々とあると思いますがご容赦を)。アイコンをクリックするとダウンロードが始まります。

PDF_Icon.gif「第3章 意思決定理論の基礎」[848KB]