教員紹介

武岡 則男(たけおか のりお)

主な研究テーマ

意思決定理論とその応用。特に以下のテーマについて研究している。
(1) 主観確率,および主観的情報構造の公理的研究
(2) 誘惑と自制の意思決定
(3) 時間選好率と異時点間選択

講義およびゼミナールの指導方針

ミクロ経済学の内容は,定義・定理・証明というプロセスに表されているように,抽象化,形式化されている。講義では,図やグラフによる直感的理解,定理の証明の基本ステップ,経済学的含意などを重視して説明を行う。それと同時に,受講者はテキストや講義ノートの証明をじっくりと読み,練習問題を解くことで,厳密な数学的議論に習熟することが重要である。経済学は積み上げ式の学問であり,ミクロ経済学はその基礎にあたる。今後様々な応用科目を学んでいくためにも,直感的理解と厳密な論証を結びつける訓練をしてもらいたい。

学部ゼミナールでは,ミクロ経済学の基礎を前提として,意思決定理論に関するテキストを輪読する。ゼミナールを通じて,自ら研究テーマを設定し,主体的に勉強する姿勢と,自分が理解している内容を他人に分かりやすく伝えるプレゼンテーションの技術を身につけてほしい。大学院ゼミナールでは,意思決定理論に関する論文の発表を通じ,オリジナリティのある論文を作成できるよう指導を行う。

教員HP
http://www1.econ.hit-u.ac.jp/takeoka/
E-Mail